銀座吉澤では、すき焼に指定農場から直送されるこだわりの卵を使用しております。

この卵は、今から三十数年前、山梨県の桃園という農協さんが果樹園の中で鶏の放し飼いをしていた頃の卵が生産中止となり、その時の地卵を惜しむ声になんとか応えようとして開発されました。
栄養価と鮮度と味に優れた美味しい地卵。それが目指した姿でした。

現在は産地を栃木に移し、最高の環境と設備の整った中、毎日手作りの餌(毎回炊き立ての米)を与え、そして他にもオオバコ・ベニバナなどの漢方やかぼちゃの種、スイカズラなど独自の飼料が与えられ、さらに水には天然ミネラル水が使用されております。

こうして、健康に育った鶏から生まれた卵は、卵黄に力があり、免疫力があるので体に良く、さらには、波動値が高く、人体波動が高まるといわれています。